お喋り中の『かまってアピール』を何とかしたい!

Pocket

散歩中のお喋りを愛犬に邪魔される、という話をよく聞きます。
そんな『かまってアピール』、どうすれば防げるでしょう?

意外と厄介な『かまってアピール』

愛犬とお散歩中に知り合いに会って立ち話。
ちょっとのつもりが盛り上がって長話。

なんていうのも、散歩の楽しみの一つでしょう。

そんな楽しいお喋り中に愛犬が

  • リードを噛んで引っ張る
  • 道に落ちている石をくわえる

と邪魔をしてくるる、という話をよく聞きます。
いわゆる

『かまってアピール』

っていうやつです。
中には

  • 飼い主にとびかかってくる
  • 服の袖をくわえて引っ張る

なんていう激しいものもあって、結構てこずる場合も。
そこで今回は

『かまってアピール』の防止

についてお話します。

なんでやるの?

そもそもなんで
『かまってアピール』
をするんでしょう。
理由はいくつか考えられます。

暇なんですけど!を訴えてる

かまってアピールをするワンコには

  • 遊びが好き
  • 人が好き

という性格の子が多いような気がします。
人やワンコと関わり合うのが好きな子です。

そういう子は、飼い主さんが自分をほったらかしにして話し込んでると
「暇だな!」
という気持ちになりやすいです。
この気持ちが
「自分もここにいるんだぞ!」
というアピールにつながるケースが多いと思います。

やきもち!

誰と一緒の時に『かまってアピール』をするか
について色々と話を聞くと

  • 家族の中でも特に好きな人
  • 過ごす時間が多い人

と一緒にいる時が多いようです。

好きな人が自分以外の人(犬)と親しくしてるのを目の前にして

「なんでこっちを見てくれないのー!」

という気持ちが湧いてしまう。
つまりやきもちです。
やきもちが強いほど、アピールも激しくなりやすいです。

どうすればいい?

  • 暇!
  • やきもち

のどちらも、自然な気持ちの動きです。
止めようがありません。

「マテのコマンドでおとなしくさせる」

が出来ればいいですが、難しい場合がほとんどだと思います。
ではどうすればいいでしょう。

しゃがんで話す

人と犬では目線の高さが違います。
人同士が立ち話をしていると、

『ワンコ目線よりずっと高いところで会話が交わされる』

ということになります。

  • 自分だけ置いてけぼり
  • 放っておかれてる

と感じてしまうのも無理ないと思います。
それを防ぐには

お互いがしゃがんで話をする

と、目線がワンコに近くなるので
「放っておかれてる」
という気持ちになりにくいです。

『自分もお喋りに参加している』

という気持ちにさせてあげるのがポイントです。
飼い主さんだけでもしゃがんであげると効果が期待できます。

『話し相手よりも自分のそばにいてくれている』

という状況にしてあげれば、やきもちも軽くなるかもしれません。

話し相手にナデナデしてもらいながら

立ち話の相手がワンコ好きな方なら

『話しながらナデナデしてもらう』

のもいいでしょう。

これも、
放っておかれてる感
を感じさせないことになります。

人が好きな子であれば、ナデてもらえてご満悦になれるでしょう。

『かまってアピール』を防いでお喋りを楽しもう

他にも

  • オヤツをあげながら話す
  • 好きなオモチャをかじらせてあげる

みたいな方法が考えられますが、

暇にさせない
「放ってかれてる」と感じさせない

といったことが大切なポイントです。

散歩中のお喋りは

  • 情報交換
  • しつけの苦労を言い合う
  • 近況報告会

と、役にも立つし気分転換にもなると思います。
『かまってアピール』
を上手に防いで、お喋りを楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。