老犬の歩行介助は『落とし物』に注意⁈

Pocket

便利な歩行介助用ハーネス

老犬になって足腰が弱ると、

歩行介助

が必要になる場合があります。

歩行介助用ハーネス

といった用品を活用することで、

飼い主の負担を軽減することが出来ます。

とはいえ愛犬が

  • ゴールデンレトリバー
  • ジャーマンシェパード

といった大型犬の場合は、やはり体力的に大変です。

支えながら歩くので精一杯

となって

前にしか目が向かない

状態になる時もあります。

そんな際に気を付けたいのが

愛犬のウ〇チの取り忘れ

です。

立ち止まろうとしても気づかない場合も

愛犬が健康に歩けている時は、前しか見ていなくても

  • 普通に歩いている時
  • ウンチをしたくて立ち止まろうとする時

の違いにすぐに気が付きます。

リードにかかるテンションが明らかに大きくなる

からです。

しかし愛犬の体力が落ちてくると

普通に歩いてる時も常に体重を支えてあげる

ようになります。

そうすると

  • 普通に歩いてる時
  • ウンチをしたくて立ち止まろうとする時

の区別がつきにくくなります。

負荷がそれほど変わらない

からです。

常に必死に支えてあげている状態

なので、

とにかく前を見て進むのに必死

になって

愛犬の様子を見ながら歩く

ことが難しくなりがちです。

実際に僕も

シェパードの老犬の歩行介助をしていて、

ウ〇チをしていたのに気が付かなかった

ことがあります。

落とし物を防ぐには

そんな落とし物を防ぐには

歩行介助のお散歩は二人以上で行く

のが有効だと思います。

  • 愛犬を支える
  • 後ろから歩いて様子を見る

という役割分担をすると、

落とし物の防止

だけでなく

安全に散歩する

事にもなると思います。

一人の場合は大変ですが、

  • 愛犬の様子
  • 周囲

を頻繁に確認しながら

  • 安全
  • 落とし物

に気を付けて散歩しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。