『仔犬の安さ』にとびつくな!

Pocket

愛犬が家族の一員になるきっかけは

  • ブリーダーやペット・ショップで購入
  • 保護犬を迎え入れる
  • 知り合いから譲ってもらう

等、様々です。

お店で仔犬を見ていると値下げをしているケースがあります。

そういう子をよく見てみると

月齢(生まれてからの日数)が進んでいる

という場合が多いです。

定価に比べると数万円値下げされています。

中には10万円以上値下げされている場合もあります。

その値段だけを考えると

「同じ仔犬を買うのなら安い方が良い」

と感じるかもしれません。

そこで言いたいのは、

『愛犬選びでは安さにとびつくな‼』

です。

最初の数万円の差なんて無いようなもの

『愛犬の一生にかかる費用』

についてネットで調べてみると

200万円~300万円

という数字を出している場合が多いようです。

  • 食費
  • 病院代
  • トリミング代

といったランニングコストはそれぞれですが、

数百万円単位の費用

が掛かるのは間違いありません。

愛犬を飼うという事はそれだけ覚悟も必要です。

ただ、愛犬が一生を通してもたらしてくれる

  • 楽しさ
  • 嬉しさ
  • やさしさ
  • 苦労

は、お金には代えられないものです。

それを考えると、

購入時の数万円の差なんて微々たるもの

という考え方もできませんか?

『15年は一緒に暮らす』を考えよう

そう考えると

「欲しい犬種と違うけど安いからこの子で良いかな?」

という決め方はしない方が良いと思います。

  • この犬種に合った飼い方が出来るか
  • 本当に好みの子か
  • 家族は賛成しているか

といったことを

『これでもか』というくらい考えてから購入する

のが大切だと思います。

安さを決め手にすると、後になってから

「もっと考えてから決めればよかった…」

という事になりかねないですし、そうなってからでは遅いです。

愛犬選びの時は

15年は一緒に暮らす

事もよーく考えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。