先生が大好きなら辛い治療も乗り切れる!

Pocket

どの子にも、
『大きな怪我を負ってしまう』
『重い病気にかかってしまう』
という可能性があります。
そんな時の治療を乗り切るために、元気な時から出来ること。

うちの子も『辛い治療』が必要になるかも…

「愛犬にはいつまでも元気でいて欲しい」
というのは全ての飼い主さんの願いだと思います。
しかし時には、

  • 大きな怪我をする
  • 重い病気にかかる

ということもあります。
中には治療が長引く場合もあります。
怪我や病気によっては、治療のたびに

  • 痛みに耐える
  • 長時間動かずに我慢する

といったことが必要になる場合もあります。
愛犬にとって大きな負担になります。
見ている飼い主さんにとっても辛いかもしれません。

そんな治療が続くと
「先生なんて嫌い!」
「病院なんか行きたくない!」
となってしまうかもしれません。

そうならないために、元気な時から出来ることはないでしょうか。

先生や病院が大好きだとストレスも軽くなる

元気な時でも

  • 予防接種
  • フィラリア予防
  • 健康チェック

で病院に行くことはあります。
そんな時は先生や看護師の方に

  • 診察の前後に好きなおやつをもらう
  • オモチャで少し遊んでもらう

という事をお願いすると良いでしょう。

病院が近所の場合、お散歩の途中に立ち寄って

  • 挨拶する
  • オヤツをあげてもらう

という事をしてもらっても良いでしょう。

「病院に行きたい!」
「先生や看護師さんに会いたい!」
となってくれれば。
大きな怪我や重い病気で病院通いが長引いても、

治療の時のストレスが軽くなる

ことが期待できます。

飼い主さんも気持ちが楽に

飼い主さんも、

  • 病院に行くのを嫌がる
  • 先生を見ると怖がる

という愛犬の姿を見るよりも、

  • 「病院に行くよ」と言うとシャキッとする
  • 先生や看護師さんに会うと嬉しそう

という愛犬を見る方が、気持ちが楽になると思います。
治療を愛犬と一緒に乗り切るには、

飼い主さんのストレスを軽くする

ことも大切だと思います。

好きになって損することはない

まだまだ元気な時に

  • 大きな怪我
  • 重い病気

になった時のことを考えることは中々難しいと思います。
たとえそうならなかったとしても、
「病院や先生が大好き!」
になって、損することはないと思います。
もしもの時に

『飼い主・愛犬のストレスを軽くする』

ためにも、
「病院や先生が大好き!」
になってもらうのは良いことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。